FC2ブログ

    トップページ > スポンサー広告> コスプレ > ハロウィンとコスプレの浸透  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンとコスプレの浸透

2013 - 10/30 [Wed] - 21:19

先日、レストランで面白い会話を聞きました。

その会話の中心人物は、見た目、ど~~~~~~見てもオタク文化とは無縁そうなお兄ちゃん。

そんな彼が、さらりと「コスプレ」という単語を発したのです。

それも、コスプレが気持ち悪いとか、そういったことではなく、

「コスプレって最近普通って感じっすよね」

と、周囲に同意を求める形で。

同意を求められた同じテーブルの方は、その投げかけにうなずいて肯定していました。

この光景を見たわたしは、

「はぁ~~~~、もう今の若者には「普通」なものとして認識されてるのねぇ」

と、ほとんどおばあちゃんのような心境。

しかし、オタクでもなんでもない人から

「コスプレ」

という単語が出た上に、それが

「普通」

とみなされるなんてこと、ちょっと前ではなかなか有り得なかったと思うんです。

わたしが初めて眼前で「コスプレイヤー」を見たのはもう10年ほど前のことです。(※義務教育真っ盛り)

その当時は、こんなに一般的なものになるとは夢にも思いませんでした。

10年前なんて、ウィッグもこんなに種類が出回っておらず、水色の髪のキャラクターをやるため、地毛を染めているレイヤーさんなんてざらです。

眉が無いとか、もみあげが消えたとか、そんな程度でぎゃんぎゃん騒いでんじゃねーよ

と言われそうな程には、みなさん今以上に体を張ってらっしゃいました。

勿論、衣装も今のように多く出回って居ませんから、大抵は手作りです。

カメラだって、

「それなりにコスしてたら一眼持ってるのは普通」

というのが現在の認識でしょうが、当時は使い捨てカメラが主流。

今や、日常生活の中からさえ姿を消しつつある、インスタントカメラを片手に会場を歩くレイヤーさんたちの姿が普通の光景でした。

カラコンに至っては

「何それおいしいの?」

状態ですよ、誇張でもなんでもなく。

その後5年以上、わたしはオタク系イベント全般から遠ざかって居たのですが、コスプレイヤーとしてそうした現場に復帰し、その変容ぶりに本当に驚きました。

全体のクオリティが上がっているのは勿論、イベントやスタジオの数が圧倒的に増えている!!!

カメラ等の進化もあり、コスプレを「作品」として撮影する方が急増したことにも驚嘆しました。

コスプレの「こだわり」が実現できる環境に、一気に進んだ結果です。

この「こだわり」から生まれた「完コス」文化のために、最近は参入しにくい、などという声も聞こえます。

しかし個人的には、全体の風土として、現在はとても入門者にやさしい状況にあると思います。

コスプレそのものについてもそうですが、やはり、これは認知度の急上昇がかなり大きいと考えています。

このことには、ハロウィン文化の浸透も一役買っているのではないでしょうか。

正直、今年のハロウィンはマスコミや商店のみなさんが本当に「頑張って()」いました。

とんでもなく

「やらされてる感」

だだ流しの店員さんも多数見ました。

うちの大学の購買でも見ました(パートのレジ打ちのおばちゃん)

かなり外発的な現象であるとはいえ、ハロウィンの仮装文化の浸透が、コスプレのハードルを下げ、認知度を上げているのは事実でしょう。

冒頭で述べた、非ヲタオーラ全開のお兄ちゃんも、実はハロウィンの流れからのあの一言でした。

きっと、彼は、キャラクターを再現する

「キャラコス」 (キャラクターコスプレ)

ではなく、メイドの制服などを着る

「ユニコス」 (ユニフォームコスプレ)

を想像していたのだろうとは思いますが、それでも、そうしたものを

「いかがわしいもの」

だとか

「キモヲタの専売特許」

だとか思わずに

「普通」

だと思っているということ。

このことは非常に大きいと思います。

仮装とキャラコスは別物ですが、

「衣装を着て別の自分になる」

という本質的な部分の受容が、ここまで進んでいるということは、注目すべき点であると思います。

ぶっちゃけ、今年のハロウィンはカオス以外の何物でもありませんでしたが、「革命前夜」的なエネルギーは町のいたるところで感じることが出来ました。

非常に乱暴な言い方をすると、普段、コスプレ文化になじみのない方から見れば、

「仮装」も

「コスプレ」も

所詮は

「小さな差異のナルシシズム」

でしかありません。

このことで、様々な問題も起きてはいますが、マイナス面ばかりではない、とわたしは考えています。

まだまだ認識として不十分な面があったり、誤認も多くあったりしますが、必要以上に

「特別視」

されなくなった風潮は歓迎すべき点だと強く感じた次第です。

こうして色々と語ってきましたが、何が言いたかったかというと、

台風もろもろの影響で、今年はハロウィンコスできなかったのが

超超超超超超!!!!!!!!!

心残りです!!!!

以上!

5549704.jpg

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haltcos.blog.fc2.com/tb.php/14-50e36e60

 | HOME | 

最新記事

プロフィール

城戸春人

Author:城戸春人
仮装趣味持ちジョ女子学生。
ヒーローやプリンス様に翻弄される毎日。
和や中華等オリエンタルなものを好みます。

Cosplayer in Japan.
I ♡ oriental culture.

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

rink

コスプレコミュニティサイトCure ウィッグ&ブーツ通販SHOP 「CLASSE!」 コスプレウィッグならCLASSEにお任せ!

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

twitter

RSSリンクの表示

管理

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。